セミオーダーで出来ること

フルオーダーよりもお得なセミオーダー

注文住宅の大きなメリットは、間取り・外装・内装・キッチンやお風呂の設備まで自分の希望通りに行うことができるということが挙げられます。しかし、全てを希望通りにしてしまうと予算よりも費用がかかってしまったり、住宅の完成まで時間がかかるなどのデメリットもあります。
ある程度妥協することができるのであれば、セミオーダータイプの注文住宅が良いとされています。セミオーダーであれば、間取りなどは自由にできる反面、玄関のドアやキッチン設備などはメーカーが用意した選択肢から選ぶことができます。
フルオーダーよりも制約が多く自由設計はできませんが、選択肢は十分に多くイメージにあったものを選べて予算を抑えながら住宅を作ることが可能です。

セミオーダーで行えること

セミオーダーは基本的に設備・建材などがすでに決まっています。しかし、その中から種類やグレード、色などを自由にできるのがセミオーダーの特徴です。住宅メーカーなどが提案する性能や建材、設備、仕様をもとに住宅を建設していきますが、間取りなどは自由に決めることができるため自分たちにあった住宅は作れます。
こだわりのある性能やデザインなどがなければ、十分に対応してもらえます。ただし、極端に狭い土地や高低差のある土地など特殊な土地へ対応していないことがあったり、住宅メーカーによっては地下室などは作っていないこともあるため注意が必要です。
メリット・デメリットを、しっかり理解してから住宅を作ることが重要となります。

設計事務所は、新築の注文住宅の施工の受付をしたり、ハウスメーカーや一般の顧客に住宅デザインの提案をしたりと様々な業務を行っています。