フルオーダーのメリット

自分が希望する間取りを実現できる

注文住宅には、完全に施主の希望に沿って建築するフルオーダー型と、ある程度建築会社が決めている仕様をカスタマイズする形で建築するセミオーダー型の二種類があります。このうち、セミオーダー型は、注文住宅とは言っても、建築会社の仕様にかなり拘束されるため、間取り一つとっても施主の希望を叶えられるとは限りません。一方、フルオーダー型の場合には、そういった制約は基本的にはないので、施主が望む通りの間取りを実現することが可能なのです。そのため、特にこだわりの間取りを実現したいと考えている人にとっては、フルオーダーは有力な選択肢となるでしょう。ただし、フルオーダーでも土地の建築制限は遵守する必要があるので、その点には留意する必要があります。

自分好みの住宅設備を導入できる

フルオーダー型で建築する注文住宅のもう一つのメリットは、施主好みの住宅設備を導入することができるという点です。セミオーダーで注文住宅を建てる場合には、住宅設備もあらかじめ建築会社が用意しているリストの中から選ばなければならないケースが多いのに対し、フルオーダーの場合には、そういった条件は一切ないため、ハイグレードの海外製品を入れたり、通常は国内では使われないような設備を入れることも可能なのです。当然ながら建築基準法に違反するような設備は入れられませんが、それ以外であれば、施主のこだわりを最大限に発揮できるのがフルオーダー型の注文住宅であるともいえるでしょう。例えば、どうしても暖炉を作りたいという場合には、ぜひフルオーダーを選択しましょう。

豊富なアイデアが満載の建築実例を参考にすることで、住みやすい理想の家を作ることができるのがメリットです。