フルオーダーで出来ること

こだわりぬいた家づくりが可能

注文住宅にはフルオーダーとセミオーダーとが存在しています。フルオーダーのメリットとしては、自分がこだわりたい部分に徹底的にこだわれることです。
たとえば、外国製のシャッターをつけたい場合や、海外から直輸入したキッチンをつけたい場合などに対応してもらえます。また、住む人がアレルギーにならないよう、自然素材にこだわりぬいた家づくりをすることも可能です。建てる人が希望するイメージに沿った家づくりができるため、家に関してこだわりがある人にとっては最良といえるでしょう。
予算に応じて建築構造やオール電化、太陽光発電や、高気密・高断熱住宅など、快適さや利便性などにこだわる住宅にも対応してもらえるのがフルオーダー住宅です。

狭小地や土地の形が複雑になっている場合も対応してもらえる

狭小地や土地の形が変則的な形になっているなど、建売住宅のような決まったタイプの家を建てづらい場所であっても対応してもらえるのがフルオーダー住宅の魅力です。狭小地や土地の形が複雑になっている場合、家を建てるのに高い技術を要するため、建築業者によっては断られることもあります。しかし、フルオーダー住宅を建てた経験が豊富な建築業者であれば、狭小地や高低差のある土地であっても、培った技術力をもとにして施主の希望通りに家を建てることができるでしょう。 特に高低差や土地の形状が変則的になっている住まいの場合、使い続けると家が傷みやすくなる傾向が高いため、アフターケアも万全となっている建築業者が請け負うことが多いです。フルオーダー住宅でアフターケアがしっかりしているところが多いのは、狭小地や変則的な土地などにも対応するためだといえます。