セミオーダーのデメリット

建て主のこだわりが反映されにくい

注文住宅は建て主が抱くマイホームへのこだわりをそのまま形にできる家作りの方法と言っても過言ではありません。法律上の規制や建物の安全性などの問題はあるものの、理想と現実のギャップを埋めつつ理想のマイホームを完成させるのも注文住宅の醍醐味と言えるでしょう。セミオーダーは注文住宅の大まかな方向性は建て主が決定できる一方で、使用する建材や建物の間取りなど細かい部分は選択肢が限られてしまうデメリットがあります。マイホームへのこだわりが強い建て主ほど、選択肢が決して多いとは言えないセミオーダーの注文住宅には満足できないと言えるかもしれません。注文住宅でありながらこだわりがあまり反映されないことがセミオーダーならではのデメリットです。

建売住宅と注文住宅の双方の欠点が存在する

セミオーダー住宅はすでにでき上がっている建売住宅と、いちから建て主がすべてに関与できる注文住宅の中間という見方もできます。それぞれのメリットを併せ持つと解釈できる一方で、双方の欠点も内包しているのも事実です。建売住宅は画一的なデザインで個性に乏しい、注文住宅は完成するまで時間がかかるうえに費用が嵩む欠点があります。セミオーダー住宅は注文住宅の括りに入りながらもデザインの選択肢が限られているので建売住宅との違いが明確とは断言できません。また、費用の面についてもフルオーダーの注文住宅よりは安く済みますが、それでも建材を特注したりデザインを変更するなどの理由で費用が嵩んでしまうため、どっちつかずな印象があるのも事実です。