セミオーダーのメリット

予算が立てやすく比較的低価格で建てられる

セミオーダー住宅は、設計や間取りは自由度が大きく価格が変動しやすい部分ですが、その他のキッチンやお風呂などの設備は選択肢の中から選ぶようになっていることがほとんどです。そのため、予算を把握しやすいのがメリットです。またセミオーダー住宅では、オプションの追加をすることができるとともに、自分の家族に必要ないと思われるパーツを減らすことで、価格を下げてマイホームを実現できる良さがあります。 例えば最近では、壁やドアなどを少なくしてお部屋を広く見せることが好まれていますが、壁やドアなどの単価は比較的高額であるため、それらの項目を減らすことで建売住宅よりも安い金額で建てることが可能な場合があります。自由に変更できる利点はあるものの、構造上の問題でどうしても動かせない壁や柱があることは理解しておく必要があります。

家を建てる満足度やモチベーションを維持しやすい

セミオーダー住宅では、精神面の満足度が維持できる良さがあります。例えば、フルオーダー住宅では建築資材からデザインまで自分で決定すべきことが多く、建築に明るくない依頼者だと、時間の経過とともにモチベーションが低下して家の品質にも影響してしまいがちです。また、建売住宅だと自分や家族が理想とするものを完全には実現できないため、使い勝手の悪さを感じ続ける場合があります。その点、セミオーダー住宅であれば決定事項が少ないので、業者などとの打ち合わせの時間を短縮でき、フルオーダー住宅に比べて設計段階や建設中のストレスが少なく、モチベーションを維持しやすくなります。また、比較的自由に家の構造を変えられるため、自分や家族のこだわりを実現できるので満足度が高くなります。